特定課題研究

「異文化間教育における政策と研究者の役割」

 昨年度の特定課題研究「政策的視点からの異文化間教育研究」の成果をふまえて、今年度は、異文化間教育の政策や政策過程に対して、研究者はどのような価値観、立ち位置、方法で関わることができるのか、関わるべきなのかについて、具体的事例を取り上げながら検討する。

■プログラム(仮)
※内容等変更する場合があります
■司  会:
馬渕仁(大阪女学院大学)
■発  表:
1.榎井縁(大阪大学)
「移民政策なき日本社会における外国人支援――地域国際交流協会・提言としての実践」
2.金侖貞(首都大学東京)
「政策をどう考えていくか――識字政策の形成を中心に」
3.太田浩(一橋大学)
「どうする日本の留学生受入れ――ポスト30万人計画に向けた政策」
■指定討論:
工藤和宏(獨協大学)
■全体討議