学会案内 大会 紀要 セミナー 関連学会
『異文化間教育』投稿規程

  1. 投稿資格
    本誌に投稿または寄稿できる者は、以下の通りとする。
    1. 異文化間教育学会の正会員・学生会員および名誉会員(通信会員・維持会員を除く。共著の場合も、著者全員が会員である必要がある)。
    2. 上記以外の者で編集委員会が特に委嘱した者。
  2. 二重投稿・分割投稿の禁止
    以下の二重投稿(i、ii)ならびに分割投稿(iii)を禁止する。
    1. 他の紀要・学会誌等に発表している論文等と同じ対象を同じ手法で分析するもの。
    2. 同じ研究内容を言語を変えて発表するもの。
    3. 他の紀要・学会誌等に発表している論文等の続編を「その2」などとして発表するもの。
  3. 複数の投稿の禁止
    「テーマ論文」「自由投稿論文」においては、投稿は各号につき一人一篇(共同発表も含む)とする。
  4. 論文等の種別
    本誌に掲載する論文等は、特集テーマに関して依頼する「特集論文」、特集テーマに関して公募する「テーマ論文」、「自由投稿論文」とする。「テーマ論文」および「自由投稿論文」には、論文の種別として「研究論文」「実践報告」「研究ノート」「調査報告」を設ける。
  5. 投稿方法
    所定の論文等の投稿連絡票に、執筆者名およびそのローマ字表記、所属機関・職名・専攻、「特集論文」「テーマ論文」「自由投稿論文」の区別、「研究論文」「実践報告」「研究ノート」「調査報告」の種別、表題、キーワード、その他の必要事項を記入して提出すること。
  6. 原稿の分量
    「テーマ論文」および「自由投稿論文」ともに、横書きで40字×40行を1ページとし、「研究論文」「実践報告」は10ページ以内、「研究ノート」「調査報告」は7ページ以内とする。表題、キーワード、図表・写真、参考資料・文献、注もこの枚数に含めるものとする。依頼する「特集論文」「書評」「文献紹介」については、紀要編集委員会より別途指定する。原稿の提出時に、日本語の要約(600字以内)を提出すること。
  7. 著作権
    本誌に掲載された論文等の著作権は、異文化間教育学会に帰属する。掲載論文等を他の出版物に転載したい場合は異文化間教育学会の許可を得ること。
(2014年12月13日改定)
▲TOP