学会案内 大会 紀要 セミナー 関連学会

公募情報

東京外国語大学 多言語・多文化教育研究センター
社会連携コーディネーター(特定有期雇用職員)公募要項

  1. 職名及び員数:特定専門員(社会連携コーディネーター)1名
  2. 所属:事務局総務企画課
  3. 業務内容:多言語・多文化教育研究センターが実施する事業全般のコーディネート
     ①諸団体との連携・協働の推進
     ②事業の企画・運営・調整
     ③センター事業に係る事務全般

  4. 勤務場所:本学研究講義棟319 (多言語・多文化教育研究センター)
  5. 応募資格:書類の提出時において以下の全ての要件を満たす方とします。
    (1) 次に示すようないずれかの業務において専従職員として実務経験が概ね3年以上ある方
     ①行政や国際交流協会における多文化共生施策に関する事業
     ②学校等の教育機関における国際理解や多文化教育もしくは外国人児童生徒への支援活動
     ③NPO等の地域での日本語支援、相談活動、国際交流活動
    (2)大学卒業かつ多文化社会コーディネーターとしての専門職教育を受けている方、もしくは多文化社会に関連するテーマで修士課程を修了している方
    (3)国籍は問いませんが、業務を日本語で行える方
    (4)英語による基本的なコミュニケーションができる方
    (5)パソコンでワード、エクセル、パワーポイント、各種メーラー等の基本ソフトが使用できる方
  6. 採用予定日:平成28年4月1日
  7. 任期:3年勤務成績によって1回に限り雇用期間の更新あり(更新後の雇用期間は2年以内とする)
  8. 勤務条件等:勤務条件については、国立大学法人東京外国語大学の規則に従うことになります。
    (1)勤務日:月曜日から金曜日の週5日勤務(祝日、年末年始、本学夏季一斉休業日及び本学が指定した休日を除く。)
    (2)勤務時間:9:00〜17:45(休憩時間:60分、実働7時間45分)繁忙期には時間外勤務(残業)をお願いすることがあります。
    (3)待遇:給与は、国立大学東京外国語大学特定有期雇用職員就業規則の定めにより本人の経歴等を勘案し決定します。給与のほかに通勤手当を支給します。ボーナス及び退職金は支給しません。
    (4)休暇:採用から6ヶ月後に所定の有給休暇を付与します。
    (5)保険等:厚生年金保険、健康保険、雇用保険に加入します。
  9. 提出書類
    以下の全ての書類を、応募期限までに送付先へ提出して下さい。
    (1)履歴書(様式自由/3ヶ月以内に撮影した写真を貼付すること。また、連絡用のメールアドレスを必ず明記すること。)
    ※上記応募条件を満たしているかがわかるように記載して下さい。
    (2)経歴書(活動実績/様式自由)
    ※上記応募条件にある実務経験においてどのよう業務を担ったのか、担当した事業について具体的に記載して下さい。また、本業以外のNPO、ボランティア活動などもあれば記載して下さい。
    (3)業績一覧(以下の業績・活動のうち、多文化社会に関するもののみ記載)
     ①著書および論文(実践研究論文)
     ②コーディネーターとしての活動
     ③講演等講師・委員等としての活動
     ④その他
  10. 応募期限:平成28年1月12日(火)必着
  11. 送付先
    〒183-8534 東京都府中市朝日町3-11-1 東京外国語大学総務企画課
    封筒に「社会連携コーディネーター:応募書類在中」と朱書きし、書留郵便で送付して下さい。(※持ち込みは不可です。)
  12. 選考方法
    (1)第1次:書類選考
    (2)第2次:面接(書類選考を通過した者のみ実施)
    ※面接は、1月下旬を予定しています。
    ※採用面接に係る経費は応募者の負担とします。
  13. 連絡先
    東京外国語大学総務企画課     E-mail:soumu-soumu@tufs.ac.jp
    問い合わせはメールによるものとします。(電話による問い合わせは不可です)
    メールの件名は【社会連携コーディネーター問い合わせ】として下さい。
  14. その他
    東京外国語大学特定有期雇用職員就業規則 HPをご覧ください。
    東京外国語大学多言語・多文化教育研究センター
     http://www.tufs.ac.jp/blog/ts/g/cemmer/
    ※大学のHPに募集要項がアップされていますので、以下ご確認ください。
     http://www.tufs.ac.jp/other/doc/recruit_15121601.pdf
▲TOP