学会案内 大会 紀要 セミナー 関連学会

公募情報

桜美林大学教員募集(日本語教育)

公募人員:非常勤教員1名(日本語教育)

公募所属:桜美林大学ブローバル・コミュニケーション学群

専門分野:第二言語・外国語としての日本語教育

仕事内容(担当科目と業務):
留学生等対象の「日本語」授業担当
1)担当予定科目:1年次必修科目「日本語専門基礎AI」
2)担当予定コマ数:週2コマ(2コマ続きの授業)
3)担当曜日・時限:水曜日3・4限
4)年に数回の教員ミーティングへの参加
5)授業準備および授業後の採点、連絡等、授業運営に必要な業務

応募資格:
1)本学の建学の精神、教育理念に賛同し、熱意を持って取り組める方
2)日本語教育、言語教育または応用言語学の分野において修士以上の学位(外国において授与されたこれに相当する学位を含む)を有する方
3)言語の学習、教育を社会・心理・教育の視点から幅広く捉えられる方
4)大学レベルの学習者を対象とした日本語教育の教歴を有する方(3年以上の教歴があることが望ましい)

関連ホームページアドレス:
https://www.obirin.jp/recruit/

着任時期:
2022年4月1日

提出書類:
以下の応募書類は、すべてを1つのPDFファイルにまとめて、電子メールでgcjinji@obirin.ac.jpに提出してください。
1)履歴書(本学所定様式、6ケ月以内に撮影した写真貼付)
※履歴書様式は、https://www.obirin.jp/recruit/よりダウンロードできます。
2) 日本語教育歴(A4判横書き以外は書式自由)
3)研究業績一覧(文科省の書式に準じ、主要な3点に200字程度の要約を付ける)
4)志望の動機および抱負(A4判横書き1枚)。
5)本人について照会できる方2名の氏名・所属・メールアドレス
※審査通過者には、応募資格を証明するもの(学位証明書または学位記の写し)をご提出いただきます。

応募締切:
2022年3月11日(金)書類必着(メール提出)

選考方法:
一次審査:書類
二次審査:面接・模擬授業(一次審査合格者のみ)
※一次審査合格者には二次審査の詳細をEメールにて通知いたします。
※二次審査(オンライン)は2022年3月17日までのいずれか一日を予定しております。
※選考結果は、Eメールで通知します。

応募書類の提出先:
茨城大学全学教育機構人事委員会
<gcjinji@obirin.ac.jp>にメール添付でお送りください。
※メールの件名は「非常勤講師公募(日本語教育)」としてください。

問合せ先:
桜美林大学 グローバル・コミュニケーション学群人事委員会
E-mail:<gcjinji@obirin.ac.jp>

その他:
[勤務地住所] (町田キャンパス) 〒194-0294 東京都町田市常盤町3758
▲TOP