学会案内 大会 紀要 セミナー 関連学会
第26回異文化間教育学会研修会のお知らせ
研修テーマ 異文化間教育学のフィールドワーク
−資料収集と分析におけるトライアンギュレーション−
概要  異文化間教育学会2018 企画交流委員会企画 研修会のご案内 異文化間教育学のフィールドワーク
 −資料収集と分析におけるトライアンギュレーション− 異文化間教育研究において、フィールドワークを行うことが増えている。その際、様々な視点や方法を使ってできるだけ「厚みのある」フィールドノーツを作ることが、「深み」のある研究につながっていく。目の前の事実に対して、研究者も含めそれぞれが語ったり見たりする「主観」や「真実」をどのように収集し分析していけばよいのだろうか。
 講師の講演に加え、若手研究者の発表をもとにした話し合い活動も行いながら、特にトライアンギュレーションに焦点を当てて研修を行う。話し合い活動の材料として、国際結婚家庭における継承言語の事例や、外国人学校とその周辺地域におけるフィールド調査等、様々な文化が交差する中でのデータ収集と分析について、特に苦労している点や工夫している点などについて語っていただく。
日時 2018年12月23日(日)13:00〜16:30
場所・アクセス 同志社女子大学 今出川キャンパス 純正館1階S105
活動内容 研修内容:
13:00〜13:10 企画趣旨説明(塘)
13:10〜14:10 講演(佐藤郁哉:同志社大学)
14:10〜14:30 休憩
14:30〜15:00 研究紹介1:異なる「声」をどう分析に活かすか
―台湾の国際結婚における継承言語の事例から―(黄琬茜:同志社大学)
15:00〜15:30 研究紹介2:地域社会に埋め込まれた多声性と重層性
―「境界」と「関係なさ」を問うフィールドワークへ―(金南咲季:愛知淑徳大学)
15:30〜16:00 グループに分かれて2人の会員からの発表についての話し合い活動
16:00〜16:30 グループ発表と全体討議
参加費 会員500円、非会員1000円(別途、懇親会あり)
懇親会 同志社大学 寒梅館アマーク・ド・パラディ(4000円程度)
※イベントチケットは会員と非会員の別があります。 また、懇親会参加希望者は、懇親会チケットの申込をお願いします。
問い合わせ 塘利枝子(同志社女子大学) rtomo@dwc.doshisha.ac.jp
担当 異文化間教育学会企画交流委員会



第25回異文化間教育学会研修会のお知らせ
研修テーマ 企画交流委員会企画 フィールドワーク3
大垣市プレスクール事業『きらきら教室』の実践に学ぶ
−就学前の子どもを支える家庭教育、幼児教育、地域の課題と役割を考える−
概要  異文化間を移動しながら生活し育つ子どもたちや家族を支援するプログラムとして、就学前の子どもたちをターゲットにしたプレスクール事業が全国各地でおこなわれつつある。(愛知県プレスクールマニュアルhttps://www.pref.aichi.jp/soshiki/tabunka/0000028953.html)。
 この事業は、日本語教育、学校文化教育を通して幼稚園・保育所・こども園から小学校へ、あるいは家庭から学校への「接続期transition」を支えるプログラムである。とはいえ、誰がどのように行っているかは地域によって異なりまだその普及は十分とは言えない。岐阜県大垣市では、2012年から外国につながりのある子どものためのプレスクール事業『きらきら教室』を行っている。大垣市の場合は、就学前の半年間、子どもへの個別の巡回指導と、月1回の保護者と子ども両方を対象にした集団指導が行われている。
 今回のフィールドワークでは、きらきら教室集団指導日を見学したのち、実際に運営している方からお話を伺い、見学者同士も観察したことを共有しながら実践の理解をめざし、異文化間教育研究ができることは何かを交流を通して考えたい。
日時
場所・アクセス
2018年12月15日(土)
09:30−15:30 (9:00 JR大垣駅 集合 または9:20現地集合)

午前 大垣市立北幼保園 きらきら教室集団指導2階 会場
午後 大垣市スイトピアセンター 4F学習室
アクセス: 新幹線名古屋駅から大垣駅までJR東海道線快速で32分、米原駅から大垣駅までJR東海道線にて31分 大垣駅から徒歩15〜20分。前泊は、大垣市駅前にAPAホテルなど があります。
北幼保園 駐車可能(事前にお知らせください)、スイトピア 大垣市有料駐車場(1回200円)
活動内容 9:30〜11:30 きらきら教室2018年度「第2回集団指導」の見学
(11:45〜大垣市スイトピアセンターへ移動(タクシーの相乗り等))
12:15〜昼食と参加者懇談
交流と記録の比較、付箋等に質問事項を記入、整理(昼食は持参or近くのコンビニなどで購入)
13:00〜15:30きらきら教室の紹介と研究会
*本日の参加者の紹介
*大垣市役所まちづくり推進課、国際交流協会、きらきら教室指導員の方のお話
*観察したことに基づいて、質疑応答
(休憩)
*グループワーク:フィールドワークを伴う研究のあり方やプレスクール事業等についての議論
*まとめ
定員
参加費
10名(先着順)

1000円(学会員・市内参加者)、1500円(それ以外)
他に会場間の移動のためのタクシー代が必要になります(参加者で均等に負担しましょう)。
申し込み方法
問い合わせ
2018年11月1日〜11月30日(定員になり次第締め切ります) webサイト「 こくち〜ずpro」でイベントチケットの申し込みをしてください。
こくちーずpro:https://www.kokuchpro.com/event/20181215/
チケットには「市内参加者・会員」と「一般参加者」の別がありますので、ご留意ください。

内田千春 uchida169@toyo.jp

異文化間教育学会企画交流委員会

第24回異文化間教育学会研修会のお知らせ
研修テーマ ミャンマー人コミュニティにおける文化の継承
−ミャンマー寺院の参観とミャンマー難民の語りから−
概要  1980年代以降、日本にもビルマ系の難民が来日し、現在日本には、14000人以上のビルマ系難民が住んでいます。そのコミュニティはビルマ族の他、カレン族、カチン族、チン族など民族的にも宗教的にも多様な背景を持っています。週末には僧院、教会、モスクでは食事会や文化行事などが催され、安寧の場、情報交換の場、そして民族意識や文化継承の拠点となっています。ミャンマーの民主化が進む中、難民の人々は帰国か日本での生活の維持かを判断する局面に来ています。
 本フィールドワークでは、文化継承の拠点となっているミャンマー寺院を訪れて僧侶の法話を聞きます。その後、ミャンマー難民の方との交流を通して、民族文化の継承における僧院とコミュニティの役割について考えます。
日時 2018年11月11日(日)13:30−17:00 (東武東上線中板橋駅南口 13:30集合)
フィールド
1)
ミャンマー寺院(NPO法人ミャンマー文化福祉協会(MCWA)事務所)
在籍僧侶 オバサ・セヤドー氏
東京都板橋区仲町39-1 (東武東上線 中板橋駅南口より徒歩3分)
※ミャンマー寺院の参観には、肌が見えない服装でいらしてください。
 (丈の短いスカート・短パンでの参加はご遠慮ください)
2)
ミャンマーレストラン「ルビー」(シュエガンゴの会・事務局)
東京都豊島区高田3−8−5 (JR高田馬場駅、地下鉄東西線高田馬場駅より徒歩7分)
活動内容 @ミャンマー寺院の参観と僧侶の法話 14:00−15:00 (この後、高田馬場へ移動)
A寺院に通うミャンマー難民の方の語り・交流 15:45−17:30
 1)チョウチョウソーさん/ネウネウチョウさん(民主活動家・シュエガンゴの会代表)
 2)マテンテンウーさん(ビルマ語医療通訳者)
   懇親会(任意、参加費3000円) レストラン「ルビー」にて
定員 10名(先着順:定員になり次第締め切ります。)※定員に達したため、受付は終了いたしました。
参加費 会員1000円、非会員1500円  (その他、寺院への寄付、懇親会参加による経費は任意)
申し込み方法・
問い合わせ
e-mailでshiromi[at]u-gakugei.ac.jp(齋藤)([at]を @ に変えて下さい)宛てに、次の項目を明記の上お申込みください。
メールタイトル:異文化ミャンマー寺院F.W.申し込み
メール本文:
@お名前
Aご所属・お立場
B連絡先(当日連絡ができる電話番号)
C懇親会への参加の有無
問い合わせ:
shiromi[at]u-gakugei.ac.jp(東京学芸大学 齋藤ひろみ)
([at]を @ に変えて下さい)

主催:異文化間教育学会企画・交流委員会
齋藤ひろみ・中川祐治(福島大学)・齋藤眞宏(旭川大学)

本フィールドワークへの参加を希望される方は、以下をご覧になって参加されることをお勧めします。

@チョウチョウソウさんを主人公とする記録映画とその監督による紹介

  • 『異国に生きる―日本の中のビルマ人』(土井敏邦監督、2013年公開、文化庁映画賞・文化記録映画優秀賞受賞)
  • 土井監督が映画について語る番組の動画
    BS日テレDaily Planet  2013年3月26日
    https://www.youtube.com/watch?v=8JQDaHOU0mA

Aマテテンウーさんの医療通訳の仕事についての著書
 「医療現場の多言語化を担うー医療通訳という仕事」 川村千鶴子編著(2017)
 『いのちに国境はないー多文化「共創」の実践者たち』慶應義塾大学出版会,p.177-186

▲TOP